心の万華鏡2

hanarenge2.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 16日

梅田夏模様

危険な暑さなんて言われています 今更ですが

体温超えと言うけれど アスファルトからの照り返しは嫌でも気温を押し上げる 

都会の生み出す熱 

エアコン 車 自販機 そばに行くとびっくりするくらい放熱している

どこもかしこもアスファルトとコンクリートで固められて 地面など見えるものですか

こんな都会に暮らしていたら 体感温度はもうとっくに40度を超えている ひょっとしたら50度近くになっているかもしれない

しかし 私は夏が好き 梅雨明けのこの暑い時期が好き

ということで 今日は一つ用事を片付けに梅田まで

水と塩分とミネラルのタブレッツを持って出かける 帽子もサングラスも腕を覆う長い手袋も必須 なるべく露出を避ける (ミネラル=電解質(イオン)=ナトリウム カリウム マグネシウム カルシウム クロール)

連休中とあって結構な人出だった

所用を済ませた後 かんかん照りの横断歩道で

まだ取り込んだだけで整理終わってません

とりあえずアップです

d0358718_21554676.jpg


d0358718_21553798.jpg




d0358718_21555427.jpg


明日は朝から出るつもり。。。。

休みの間は 家にいると調子が悪い〜〜^^苦笑

明日はオフ会 参加できませんが 皆さんの写真アップを楽しみにしています 

暑いのでどうぞご自愛ください


[PR]

by hanarenge2 | 2018-07-16 22:12 | 街撮り | Comments(4)
Commented by sikisai04 at 2018-07-17 00:31
暑い日が続きますね~
水分補給は勿論ですが塩分やミネラルもちゃんと摂らなければと、夏の虫が教えてくれます。
単に水分を吸っているだけに見える道端の夏の蝶もしっかりとミネラルを摂ってるのですね。
自然に学ぶことが多いです。

そこで私は野外に出る時は「男梅」のシートを携帯しています。
名前が気に入ってる訳ではないのですけど・・・
Commented by cocomerita at 2018-07-17 14:49
Ciao hanarengeさん
私は、「ほぼ」自然の中で暮らしていますが、暑さも寒さも都会のそれとは違います
つまり、どこかに健全さがあって、凶暴性がない
人間は 暑いとか寒いとか ブツブツ言いますが、おっしゃる通り、これだけガチガチに地面をコンクリートで覆い尽くした、そこら中でクーラーをガンガンかけまくっている。のですから、暑さが凶暴性を帯びるまでになっても仕方ない
土の道は、靴が汚れるから嫌だとどんどん土を閉じ込めたのですから、、
つくづく 勝手な生き物だと思います
そうして そこに気づかず 枯葉がゴミだとどんどん木を切る
温暖化が問題だと口では言いながら、それじゃあ何かすれば?と思うけど 自分では何もしない
自分で自分の首を絞めているのに気づかないと言う事が恐ろしいです

自然に帰れ、少し昔に退行しろと言っても多分無理でしょうね
便利中毒ですから、、。

私も夏が大好きなのです
そして うわあーどんだけ暑いーーと言われるようなところで、ヒーヒー言いながら、汗をダラダラ流すのが好きです
汗は身体の老廃物を外に流し出してくれる最高のシステムですから。
医療に関わっていらっしゃるから、ご存知だと思いますが、夏にちゃんと汗を流すと冬に風邪引きません

横断歩道の亡霊シリーズ 好きです
でも、1枚目の人の多さに ギョッとしました 苦笑
Commented by hanarenge2 at 2018-07-17 15:46
yoasさん
今年は、今年はと言いながら 最高気温がどれだけとニュースになって よけいあつさがつのりますね。
おっしゃるように水分とミネラルの補給は欠かせません
私も昨年から、塩分補給のものを携帯するようになりました
スイカに塩は昔からの知恵ですが真に理にかなったものだと思います
男梅を食べての山歩きの写真、楽しみにしています
Commented by hanarenge2 at 2018-07-17 15:54
Junkoさん

上手いことおっしゃいます

凶暴な夏 凶暴な熱 これいつか使わせていただくかも。。。笑

真にJunkoさんの言われる通りです
もう、日本全国見回しても、砂利道の残っている公道は、おそらくないと思います
舗装を計画した時は、ここまで考えなかったのでしょうけど
ぬかるんだ泥んこ道の辛さは、子供の時に嫌という程味わいました
国民もそれを歓迎したのですよねえ
過ぎたるは及ばず
今になって弊害色々 問題山積です
全くおっしゃる通りです(>人<;)

人多いですか これはまだ少なめです ^ ^


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 藤原宮跡      焼肉ドラゴン(家族の物語) >>